電子タバコはやはり低コスト

電子タバコはやはり低コストで済む


●禁煙をするための電子タバコ
自分は現在28歳の男性会社員をしております。自分はタバコを吸い始めたのは22歳のときです。同僚に勧められてました。それで仕事のストレスや不安が襲ってきたときにタバコをすうことにより、気分がほんとうに落着き、それからタバコの魅力に魅了されてしまいました。一日一箱ペースですっておりました。しかし、タバコの値段も徐々に上がっていてしまい、月々の購入額は15000円なりました。独身の時はいいのですが、さすがに現在は結婚もして妻子持ちなので、家族のために働き、小遣いも月タバコ代も含めて30000円となっております。

●禁煙の実施
自分は、家族のためにも、自分の健康のためにも、自分の小遣いのためにも、禁煙を2年前から決意をいたしました。しかし、ただ我慢をするだけの手段はお酒の席などに入った時に他人が吸っているの見るとどうしても我慢ができなくなってしまい、もらいタバコなども行ってしまいました。禁煙を何度も試みましたが、一週間と続かず、少ないこずかいも使ってしまう期間が半年つづきました。それからは禁煙パッチなどもつかいましたが、最高で一月禁煙できましたがそれもつづくことがありませんでした。そして禁煙外来になきついて、電子タバコの存在をしり、販売箇所も教えもらい、早速店舗に向かいました。

●初めての電子タバコ
自分は、店舗に向かい、店員さんに商品を案内して頂きました。そして最初紹介してもらったタバコはキセルのような形をした大きい電子タバコです。こちらが一番安いほうで、液も含めて4000円でした。しかしこれを吸うと目立ってしまうので、別の商品を紹介してもらい、タバコのサイズと変わらない電子タバコを紹介してもらいました。店員に使い方を教えてもらいました。タバコ危機の空洞に液を足して、タバコに装備している加熱コイルを使用して液を蒸発させて、その煙を吸うという仕組みです。加熱中に思わず、コイルの部分をふれて、火傷をしてしまいました。そしてケースは携帯のようなケースで、はたから見れば、タバコではなく、携帯を持っているようにも見えるのでこれなら目立たないと安心しました。味もタバコの味がしてほんとうにすごい優れものです。そして機器自体は10000円かかり、初期費用は掛かりましたが、液自体は1000円前後で、一つで2週間はもちます。だからこれ以降は、月々のタバコ代は2000前後なので、コストもかからず、自分の趣味などに小遣いも使うことができております!禁煙もつづき、家族などにも迷惑はかからないので、自分にとっては本当に救いの女神ならぬ、救いのタバコです!


電子タバコ おすすめ